トップ»0宣言の家»合板ゼロ

合板ゼロ

合板を使わない理由

日本のほとんどの家が、屋根、外壁、床などの下地材はもちろん合板、なんと、床板、窓枠、幅木、見切り材などの仕上げ材までもほとんどが合板です。 合板は、割れにくく使いやすい為、多様に使用されていますが、 単板の木理方向を縦・横交互に積層接着した製品の為接着材を多量に使用しています。 また、万が一の火事で燃えた時に煙や有毒ガスを発生します。

合板ゼロ写真

0宣言の家の素材

外壁の下地にはMOISS(モイス)を使用します。

天然の粘土鉱物から生まれた健康素材「MOISS」
接着剤を使っていないだけでなく、空気中のVOC(揮発性有機化合物)を吸着・固定化して、空気を浄化。優れた調湿性能、合板より強い耐久性も備えています。再利用もでき、廃棄してもやがて土に還どるという、まさに現代にふさわしい建材なのです。

MOISS写真

屋根の下地は、床の下地には野地板を使用します。

屋根や床の下地には、昔ながらの無垢の野地板を使用。合板に比べて通気性や調湿効果に優れ、乾燥によって板間にできる適度な隙間も、一段と通気性を高め、家を長持ちさせることになります。

野地板写真

フローリングには、無垢のフローリングを使用します。

無垢のフローリングは、木の香りや天然木の優しい肌触りが魅力。近年、よく見るフローリングは、見た目はきれいですが、接着剤が使われた合板に木目調の模様が印刷された建材。人体に害を及ぼすVOCが含まれているのも事実です。

無垢のフローリング写真

tsuruken style Book

ツルケンスタイルがこだわる「自然素材」「基礎や構造」「保証のこと」「施工事例」が、1冊にまとめられた「ガイドブック」。完成見学会、構造見学会、セミナーに行く前に、ツルケンスタイルの予備知識として好評です!

資料請求

資料請求

Line登録でイベント情報ゲット!

「Line」の登録をして頂くと、「構造見学会」や「完成見学会」などツルケンスタイルで行われる「イベント情報!」を受け取ることができます。「地盤や基礎」「素材」を自分の目で確かめれるチャンスです!

Line登録

Line登録


柳川本社

  • 〒832-0813
    福岡県柳川市三橋町棚町236
  • 電話番号:0944-74-2840
  • FAX番号:0944-73-5231
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:なし

福岡支社

  • 〒810-0001
    福岡市中央区天神2丁目13-18
    天神ホワイトビル4F
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:水曜日

佐賀大和モデルハウス

  • 〒840-0201
    佐賀県佐賀市大和町大字尼寺3070-10
  • 電話番号:0944-74-2840
    (要予約)
  • 営業時間:10:00~17:00

住医学研究所

0宣言の家